初めて海外に行って痛感した、準備すべき持ち物リスト8選!

こんにちは、yuyaです。
先日、仕事の用事と観光を兼ねて香港へと行ってきました。
実は俺は、これまで海外に行ったことがなく、今回が初の海外旅行。
準備の段階から何がいるのか、何をもっていけばいいのかわからず、友人に聞きまくってました笑

なので、今日はこれから海外に行く人へ

準備は何をしたらいいのか
何を持っていくと後悔しなくて済むか

をお伝えしたいと思います!

旅行前

パスポート

まずはコレ。
ないと話にならないですよね。
各都道府県にある、旅行事務所での申請になります。
申請には住民票、戸籍謄本、顔写真、印鑑、本人確認書類(免許書など)がいります。
都道府県によって微妙に違うかもしれないので、確認してみてください。

ちなみに俺の場合は、戸籍謄本が住んでるところから離れているところにあって、それを取り寄せるのに1週間くらいかかってしまいました。
パスポートの発行にも1週間弱かかるので、遅くても旅行に行く1か月前には準備しましょう。

キャリーバック

海外に行くならキャリーバックがおススメです。
日帰り出張ならいらないですが、3泊くらいするなら確実にこっち。
海外へ行くということは、必然的に飛行機も使いますよね。
空港でいろいろな手続きがいるのですが(入国審査や荷物検査)、結構長い間歩き回る必要があります。
現地でも、ホテルに着くまで迷うことも考えたら、重い手荷物は持ちたくないなぁというのが俺の思うところです。

リュックサック

まず絶対やめたほうがいいのは、口をチャックなどで閉めることができないハンドバック。
海外は日本ほど安全ではありません
とくに行く場所によっては日本人の観光客だとバレバレな国もあると思うので、そこで盗難に遭うとせっかくの旅行が台無しになってしまいます。
予防できるところは自分から。
スリに遇うリスクも減らせますし、両手が空いて移動もラクになります。

海外対応ポケットWIFI

これ、今回持って行って一番よかったと思うものです。
普段使ってる携帯でもデータ通信は可能ですが、1日3000円くらいぼったくられます。
なので、出国前に必ず「モバイルデータ通信をoffにする」ことを推奨します。

お金に困っていない方は1日3000円払えば何の問題もないですが、そうはいかない方へ、海外対応のレンタルWIFIがあります。

おすすめは「イモトのWIFI」「グローバルWIFI」ですね。
国にもよりますが、1日300円とかでレンタル可能です。

実際使ってきましたが、朝から日付が変わるまで電池も持ちますし、容量の1日250MBを超えてもネットやSNS、グーグルマップを見るくらいなら平気でした!

イモトのWIFI

グローバルWiFi

コンセント変換プラグ

俺は今回海外へ行って初めて知ったのですが、コンセントの穴って世界共通じゃないんですね。笑
どういうことかというと、今普段使っているコンセントのプラグ、あれはあのままだと挿せないということです

えっ、それなら充電とか何もできんやん!
・・・となるのを防ぐために、コンセント変換プラグという便利なものがあります。

国によってコンセントの穴は異なるので、形状に合わせてセッティングすることでいつも使っている2つ穴のコンセントが使えるようになりますよ。

普通に家電量販店で売っていますし、上のポケットWIFIをレンタルする場合は1日50円とかでオプションで付けることもできますのでオススメしときます。

モバイルバッテリー

これも必須でした。
これに関しては、普段から使ってる人も多いですね。
スマホやポケットWIFIの電池残量がなくなってきた、でもホテルじゃないし充電できない!
そんなときにフル充電が何回かできる小型のバッテリーです。

個人的には、スマホとWIFIの2回分くらいできる容量があるものがオススメかなー。
俺はこういう感じの使ってます!

モバイルバッテリー 大容量 軽量 iPhone7 plus 6 s Andoroid モバイルバッテリー ケーブル内蔵 スマホ 充電器 10000mah モバイルバッテリー 大容量 軽量 プルームテック Ploom tech アイコス iQOS 電子タバコ アイフォン アンドロイド DS 送料無料 【SUN GOES MOON WALKS】

価格:1,800円
(2016/12/26 01:03時点)
感想(389件)

旅行中

お金

当然ですが海外では日本のお金を使って支払いをすることはできません。
空港や、現地の換金ショップで日本円を現地のお金に換えてもらう必要があります。

ポイントは、

使う分をあらかじめ決めておき、交換した分は使い切って帰国する
空港は割高なので、現地で換金する

の2点です。

換金するのには手数料がかかってくるので、1度現地のお金に換金して再度日本円に戻すと2度手数料が取られることになるんですね。
なので、現地に着いたら使う額を先に決めてその分だけ使うようにしましょう。
余ったら最後お土産を買うのに使ったらいいんです。手数料アホみたいに取られるよりマシ。

飲料水

これもよく聞く話ですが、水道水が塩素で消毒され、安全とされているのは日本くらいなものです。
必ずミネラルウォーターを準備しましょう
現地のスーパーやコンビニで、その日飲む分を調達するのが一番いいと思います。

お風呂や手洗い、洗顔は水道の水でOKです。
間違っても飲んでしまわないように。

 

まとめ

以上8点のアイテムが、海外だから必要なものです。
もちろん、普段の旅行で使うものは持って行ってくださいね。
それと合わせて持っていけば役立つだろうな、と俺が感じたものをまとめてみました。

せっかく楽しんで旅行に行くのなら、準備は万端にして出発したいものです。
皆様の旅行が楽しいものになりますように。