オスクレンのトートバックがカッコよくて有能すぎる件

みなさんこんにちは、yuyaです。

みなさんは手持ちのバッグってどんなのを使ってますか?

俺は学生卒業したあたりからトートバッグにはまってまして、先月購入したものがあまりに好評だったので、今日はそれを紹介したいと思います。

↓のトートバッグです。

<オスクレントートバッグ>
新年になって気分一新したい方におすすめです。

 

オスクレントートバッグの特徴

デザインがめちゃカッコいい!

なんといってもここ。トートバッグはシンプルさを追求するか、オシャレなデザインが散りばめられているものかを選ぶことが多いのですが、シンプルに素材の色と英字の色の2色でまとめられていて好印象。

素材感も、新品によくあるおろし立ての感じがなく、ちょっと使いこんだような色褪せ感があってgood。

トートバッグにありがちな持ち手の部分が長くてだらしなく見えることもなく、洗練されたバッグです。

そしてこの英字がインパクトありますよね!シンプルなバッグによくある、人と被っちゃってちょっと残念な感じ、このバッグならまず間違いなく回避できるでしょう。

このバックを買ってから、周りにいる友人少なくとも10人にバッグがオシャレだと褒めて貰えました。

実際に使ってみた様子がコレ。

モデルが俺ですみません。写真にバッグがうまく写ってなくてすみません。笑

大容量!なんでも入るよ!

機能性もバッチリ。

サイズは高さ約36cm、幅約56cm、マチ約16.5cm。大き目のバッグですが、持ち手が短めに作られているためかそこまで大きな印象はないです。それでも、これまで手にしてきたどんなトートバッグよりも収納性に優れてました

俺はいつも大量に水を飲むので、出歩くときに1.5Lくらいは持っていきます。それ以外にもパソコン、手帳、長財布、小物類…

衝撃だったのが、これだけ入れてもバッグが妙に膨らんでしまったり形が崩れないこと。バッグが膨らむと、肩にかけた時フィット感がなくなりますし、手に持った時も歪な感じに見えちゃいますよね。

いつも荷物を多く持ち歩く人には是非味わって欲しいこの満足感。

これだけの荷物が入っても、全然平気だしまだまだ物が入りそうな感じすらあります。

オスクレンのトートバッグに上の荷物を全て詰めた状態。

 

男女兼用ユニセックスで贈り物にも○

このバッグ、カラーも色々あるみたいで、俺が買ったときはブラック×ゴールドのデザインがありました。

他にもいろいろなカラーがありますが、どれもモノトーンを基調にしてるので男女問わず使っていただけると思います。

オススメは誕生日のプレゼントや父の日・母の日などの贈り物

商品購入はこちらから。

 

俺はオスクレンを買って生活が変わった

基本、俺は出かけた時に「あ、あれ持ってくるの忘れた」というのが嫌いなんです。

せっかく家に折り畳みの傘があるのに、持ってこれなくて出先でビニール傘を買って家にビニール傘がたまっていく、とか。飲み水を家から持っていけばいいのに途中でのどが渇いて自販機で無駄なお金を使っちゃうとか。たまたま暇な時間ができたのに、読みたかった本を入れ損ねたりとか。

時間やお金は有限なので、効率よく使いたい。だからいつも持ち物が大量になってパンパンのバッグを持ち歩いていました。

でも、オスクレンのトートバッグを買ってからは本当に助かってます。

だって出かける前に持ち歩くものを取捨選択する必要がなくなったから。

帰ってきてから家の中で使うものはもちろん出しますけど、重いからこれは今日置いて行こうっていう思考がなくなりました。

ここまでくると、もはやバッグを使い分けるのが面倒になってくるレベルです。笑

生活そのものを変えてくれる力がありますよ、このバッグ。オススメです!

★こんな人にオススメ

・シンプルでカッコイイトートバッグを探している人
・いつも荷物が増えてしまって持ち歩きに困っている人
・記念日のプレゼントに

 

スキーヤー・ボーダー必見! 関西から行ける日帰りスキー場おすすめ3選

みなさんこんにちは、yuyaです。

今年もウィンタースポーツのシーズンがやってきましたね。俺は学生時代にスキーをやってたので、毎年この時期は一年で一番ワクワクしてテンションが勝手に上がります。笑

ただ、どうしても学生を卒業するとまとまった時間がとれず、長野や北海道の雪質がいいところに何泊も・・というわけにはいかなくなってきます。

今日はそんなあなたに、日帰りスキーにこれまで20回近く行った俺が、総合的に見て絶対損はしないスキー場を3つ厳選して紹介したいと思います!

もちろんこの選定は、俺の主観だけでほとんど決めておりますので、そこのところは悪しからず。

 

紹介前に、選定ポイントを

俺がスキー場を選ぶときに大事にするのが、

①スキー場の雪質
②関西からの距離・アクセス
③コースの数
④混みやすいかどうか

という4つのポイント、合計400点で選んでます。

滑るにおいて、雪質ってすごく重要なんですよ!

雪質がよくなっだけで、自分がうまく滑れるようになったような錯覚を受けますし、なにより滑りやすさ・気持ちよさが段違いです

距離はいわずもがな、近いほうがいいに越したことはないのですが、雪質の良さとどうしても反比例してしまうんですよね。

つまり、近くて早く着くところほど雪質はよくないし、長い時間かかって遠いところだと雪質はよくなりやすいです。

でも、できる限り近い距離なのに条件がいいところを選んでます!

 

1位:めいほうスキー場

①雪質90点
②距離80点
③コース90点
④混雑さ95点

合計355点を獲得したのがめいほうスキー場。ウィンタースポーツをあまりされない方はピンと来ない名前かも。

場所は岐阜県の郡上八幡というところにあります。東海北陸道の郡上八幡ICから車で45分ほどなので、雪道運転に慣れてない方は少し苦戦されるかもしれません。関西からは車で4時間くらい。

しかし、それを補って余りある利点がここにはある!

まず雪質。かなりいい感じです。パウダースノーとまではいきませんが、新雪が降った後などに滑れるとほんとうに気持ちのいい滑りが体感できます。ベタベタした重い雪ではなく、サラサラのフワっとした雪質です。

俺はここを知るまでは、雪質のいいところは北海道と長野だけだと思ってましたが、めいほうを知ってから考えが変わりました。


(出典:めいほうスキー場公式サイトより)
コースも、西日本最大級の5000mバーンをはじめ、中斜面あり、コブありと様々なテイストを用意。

中でもオススメは、マップの左上にある第4クワッドリフトのコース!距離が1000mくらいのコースが揃っててそこまで疲れないし、なにより混み具合がいい感じに少ないんです。滑って降りてきたらリフト待ち時間なしとかザラです!

頂上からの景色も、晴れていたらかなりのものです!


たまたま去年行ったときは晴れてなかったのでこんな写真でご勘弁を・・今年もまた行くので、その時はいい写真撮れることを期待してます!

★めいほうスキー場がおすすめできる人

・中級車以上で中斜面をガンガン滑りたい人
・何度か車の運転でスキー場に行って慣れている人
・超ロングコースをのんびりと滑りたい人
・日帰りスキーでも雪質を重視したい人

 

2位:ダイナランド・高鷲スノーパーク

①雪質80点
②距離90点
③コース95点
④混雑75点

最近はCMとかでも有名なダイナランド。合計点は340点でした。

場所はめいほうスキー場と同じ岐阜県郡上市にありますが、高鷲ICを降りて10分の距離にあります。なので運転慣れしてないかたでも安心。関西から3時間半くらいですね。

ここのすごいところは何といっても西日本最大の20コースを誇る広大なゲレンデ

一日じゃ全て滑り切れるか分からないくらいのコースがあります。

もちろんロングコース、急斜面、緩斜面など多種勢ぞろい。

さらに、なんと隣接して高鷲スノーパークがつながっているので、少し飽きてきたら隣のゲレンデに板を履いたまま滑って移動が可能です。

(出典:ダイナランド公式サイトより)
上のマップの左半分がダイナランド・右半分が高鷲スノーパークです。

そして・・営業時間がシーズンの土日ならなんと朝5時から!夜はナイターまでやっている!

これはまぁ、泊りがけで行く方や前日の夜から出発される方、翌日のんびりできる方だけの利点かもしれませんが。

ひたすらいつまでも滑っていたい方にはこれ以上のスキー場はないかもしれません。

ただし、混み具合がここはすごい。混み具合がひどいと、リフトの待ち時間が長くなるだけじゃなく、ゲレンデもすぐにボコボコになって滑りにくくなったりスピードを抑える必要が出てきます。

それさえなければ最強のゲレンデ。平日が休みになった日とかに狙って行きたいところですね。

★ダイナランドがおすすめできる人

・たくさんのコースを一度に滑りたい人
・リフトの待ち時間我慢できる人(ちなみにゴンドラもあるので、輸送中は足が楽です)
・雪道運転が少し苦手な方
・急遽平日が休みになってスキーへいくことになったそこのアナタ

3位 ハチ高原・ハチ北スキー場

①雪質 70点
②距離 95点
③コース90点
④混雑さ85点

最後に一つ近畿圏のスキー場を一つ。合計点は335点です。

兵庫県養父市・美方郡にあるスキー場です。最近、スキー場の近くまで高速が伸びてアクセスがこれまで以上に楽になりました。八鹿氷ノ山ICから車で20分ほど走ります。大阪や神戸からだと2時間くらいですね。

上の二つのスキー場と比べて、雪質は本当にベストシーズンの時以外適いません。ザラメの氷のような雪が多いです。


(出典:ハチ高原・ハチ北高原スキー場公式サイトより)

コースは満遍なくいろんなコースが楽しめるのでいいんですが。。雪が少ない時はブッシュという木の枝が雪の上に出てる状態が多く見られるので、マイスキー板を持っている人は滑走面を傷つけられないよう気を配る必要性が出ちゃいます。

それでも、1枚のリフト券で2つのスキー場が満喫できるのはすごい魅力です。

混み具合に関しては午前中に人が集中します。余裕あるなら遅くまで滑っていると最後のほうは快適に滑れると思います。

でもやっぱり、関西近郊から2時間で行ける気軽さがここの最大の魅力ですね。この時間なら、思い立ってその日のうちに行くことを決めてからでも大丈夫な所要時間です。

★ハチ・ハチ北がおすすめできる人

・長時間の移動が嫌な人
・雪質なんてどうでもいい!滑れればOKの人
・初めてスキーをされる方や初心者の方
・一緒に行く友達が見つからず、一人でスキーにいく(ヒトスキ-)のとき

まとめ せっかくのウィンターシーズン、楽しまなきゃ損!

せっかくスキーに行くのでしたら、全力で楽しまきゃ損です。

そのためにも、自分が行こうとしているスキー場がどんなところなのか、下調べがすごく大切になってきます。

今回紹介したところは。それぞれおすすめしたニーズの方にはしっくり来るはずのスキー場なので、もしも今シーズン行かれる方がいらっしゃったら、安心して行ってきてください。行った感想なんかつけてくださるとうれしいです。

決意表明 ~2017年はブログで生きていく~

みなさんこんばんは、yuyaです。

2017年になって2日が過ぎましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。

他のブログを見ていると、2017年の目標を掲げてらっしゃる方が何人かいらっしゃるようです。

[blogcard url=”http://www.pilattu.com/entry/blog2016#2017年はブログをメインにフリーランスとして生きていきます″]

りえさんというブロガーさんが書かれた記事ですが、読んでいるうちに体にこみ上げてくるものがありまして。

ブログを始めた理由、8月からの軌跡、そして2016年の最後に努力が実を結んで出た結果、そして2017年の目標。

俺は良くも悪くも影響を受けやすい人間です。なので、感化されて俺も2017年の目標を打ち立ててみようと。

そう思って今PCの前に座っているとこです。

 

2016年の振り返り

簡単に2016年も振り返ってみましょうか。

1年前の今頃はまだ正社員をやってたんですよね。辞めると告げてから半年間も引き継ぎさせられましたが、3月までの間最後まで前の会社にはいろいろとお世話になりました。

ちょうどこのころ、大学の先輩だったやまもとさんからツイッターを通してブログを伝えていただき、ブログで稼ぐということをおぼろげながら理解します。ただこの時は別のビジネスに傾いていたので他人の畑状態で純粋にブログに載せておられた情報だけを活用していました。

ですが短期間で結果を出されるやまもとさんを見て、ブログの可能性というものが想像以上にあることを確信

2016年7月に思い立って独自ドメインとサーバーをレンタルしワードプレスでブログを発足させます。

ただ、いかんせんPCの知識に疎かったので、投稿を一つ上げるまでに膨大な時間を使ってしまい、やる気もそこまでなかった。

次第にブログのことは後回しになって、年末へ・・

 

転機となったブログ交流会

きっかけはやまもとさんがFacebookで参加を表明されてたkeitaさんとあんちゃさん主催のブログ交流会。

[blogcard url=”http://www.mazimazi-party.com/entry/event-osaka1210″]

↑これですね。

その時点でブログ9記事。見よう見まねで進めてたので書き方もだいぶ変な記事が初期に残ってます。笑

「ブログ発信力」をテーマにしたセッションでは、俺みたいなブログ初心者にも役に立つ情報をたくさん届けてくださりました。

ここでの内容は、一緒に参加されたほかのブロガーさんが上げてらっしゃる記事に詳しく書かれてますので、気になる方はコチラ。ともさんというブロガーさんが参加された方の感想ブログを一覧にしてまとめてくださっているので非常にわかりやすいです。

参加してよかったなと思ったのは、知識はもちろんですが同じようにブログを頑張ろうとしている仲間にたくさん出会えたこと

前述のりえさんともここで知り合うことができました。

正直、参加するまえは定員30人ってなってるけどそんなに集まるのか?と疑念を抱きながら参加しましたが、当日行ってみると60人近くまで人数が増えてました。笑

こんなにもたくさんの方がブログに本気になっているのに、俺は何をやってるんだろう・・

ここでようやく俺の闘争心に火が付きました。やっぱりライブのイベントってこういう相乗効果が期待できるので絶対参加すべきですよね。

 

12月、本気になったつもりだけだった。

いい影響を受けて再スタートしたはずの12月。

これといった目標を決めずにスタートしたのがまずかったのか、PVは微増で708という結果でした。

もちろん、スタートしたころに比べたら700回も読まれたことってすごいことだと思います。

でも・・

記事更新数を見ると12月7記事。(11月は5記事)

本気になってやった気分になっただけで、実際なんだかんだ言い訳をして記事の更新をさぼる自分がいました。

収益うんぬん叫ぶ前に、最初は量をこなさないとスタート地点にも立てない

そう痛感して俺の2016年は終わりを迎えました。

 

決意 2017年に必ず成し遂げること

どこかで聞いたことがある。失敗はしてもいいが、同じ失敗は2度とするな。

今回の原因は明らかです。目標や決意を口にせず、黙ってやって逃げようとしていたから。

なので、2017年の決意をここでブログに書き記します!

・1か月20更新を続ける。
・1月に1000PVを達成する。
・6月までに1万PV収益化
・今年中に5万PV5万円をブログで捻出する

1か月20記事としたのは、どうしても仕事や他の予定があって時間がとれないこともあるから。

それでも12月の3倍近くブログに費やすことを考えれば着実な進歩だと考えてます。

正直、1個目は自分の努力でどうとでもなるけれど、2つ目以降は今の段階では全く自信はありません。

でも、言葉にしないと何も始まらない。人は口に出したり思ったことが実現するのだから。

また、ブログで結果を出されている方に積極的に関わっていこうと思ってます。

自分のできない脳で考えるより、ちゃんと結果出てる人に聞くのが一番早いに決まってるから。

必ず達成します!

ポジティブになるには? 頑張ってポジティブにならなくてもいい。

あけましておめでとうございます、yuyaです。

みなさんはどんな年越しができましたか?俺は大阪で友達とわいわい騒いで年を越しました。

やっぱりいつになっても一緒に楽しめる仲間っていいもんですね。

んで、初詣でおみくじ引いてきたんですが、結果は末吉でした。

が、書いてあることがなかなか辛辣なことが書いてありまして。

闇夜に道に迷うがごとく進退に窮し、いたずらに行動するとかえって破滅を招くおそれあり。次第に夜明けを迎えるように一筋の光明を待って行動すべし
<原文ママ>

普通の人だったらちょっと凹んで「今年はアカン年なんかなぁ~」と思うとこでしょうか。

俺はどう考えるかというと、「なかなかこんな人を凹ますおみくじ引けへんやろ!次第に良くなるってかいてあるし、なんかいいことあるかもな~」って考えます。

自分でいうのもなんですが、相当ポジティブ人間です。(笑)

でも、もともとは根っからのネガティブを突き詰めたような人間でした。

ポジティブシンキングは、何か努力して身につくものではないんです。何個かの事実を知ってしまえば勝手にポジティブに考えられるようになります

今日は知っておくとポジティブに考えられるようになる事実を皆様にお伝えしますね。

自分の思考・言動は徐々に実現する

まず最初に伝えたいこととして、自分が言ったことや思ったことは、遅かれ早かれ実現するほうに動いていく、ということです。

人間には「潜在意識」と言われる、無意識に人間の行動や思考や意思決定に大きく関与しているものがあります。

この潜在意識は、自分が言ったことや思ったことで決まってくるって知ってましたか?

よくスポーツ選手とかで、「自分にはできる!」と自分に思い込ませてプレーされる方がいらっしゃいますよね。あれは、自分の潜在意識にできる自分をイメージさせることで自分のパフォーマンスを上げようとしているんです。

ことあるごとに自信がないとか、できなかったらどうしようと考える人は、その言葉を言った瞬間から体が無意識にできない自分を演出しようと反応を起こすように人間はできてるってことです。

自分の実力だとか能力以前に、そういった意識で結果が左右されるって知ってしまうと、ネガティブに考えるのがバカらしくなりました。

 

ポジティブシンキングは性格を明るく楽しくしてくれる

ネガティブからポジティブに変えるだけで、周りから見た性格をガラっと変えることができます。

ポジティブシンキングすることで、どこからくるのか分からない不思議な自信が湧いてくるんですよね。

自分が今できないことに対しても、「できないからもうだめだ」と考えるのではなく、「今はできないけど、これからできるようになるんだ」と考えることで、今できない自分に自信を失うこともなくて済みます。

ネガティブな人というのは、過去に何かやってみて、それに躓いてしまって自信を失い、「どうせ自分なんて・・・」と思い詰めてしまうパターンが多いような気がします。

昔の俺もまさにこれで、運動神経が鈍かったり、人間関係のコミュニケーションがうまくとれなくて自信を失い、ネガティブな感情に押し殺されていました。

性格についても、明るく楽しくいたいと思っていたので、少しでも自分を変えたいと思い身近なポジティブシンキングから取り組むことができました。

毎日の発言を少しポジティブに変えただけで、周りからは「すごく変わったね」って言ってもらえることが多くて嬉しかったのを覚えています。

 

自分だったら、ポジティブな人と一緒にいたい

少し考えてみてください。

あなたの周りに、二人の友人がいました。一人は毎日愚痴ばかりこぼし、「自分なんてどうせダメだ」が口癖で、過去の事ばかりに囚われている。もう一人はいつも前向きで明るく、「俺にはできないこともあるけど、できることもたくさんある」と自信を持って言える人。

あなたなら、どちらの友人と長く、深く付き合っていきたいですか?

もの好きな方は二人一緒に愚痴り続け、共感しあうのが楽しいのかもしれないですが、俺はポジティブに考えれられる人とできれば長い時間を過ごしていたいって思います。

これが何を意味するかというと、ポジティブシンキングをする人は魅力的に写るし、求心力も高くなるってことです。

すごくないですか?

考え方ひとつで人間的魅力が上がって自分の周りに人が集まるようになったらって想像しただけでもワクワクしてきません?

 

まとめ 深く考える必要はない、ポジティブに生きよう!

ネガティブがしみ込んでしまっている人は、まずは意識的にポジティブ発言を心がけてみましょう。

禁句ワードとか設定するのもいいかもしれません。俺は「疲れた」とか「しんどい」「お金ない」などのマイナス用語は極力使わないことを意識してました。

また、周りの友人にポジティブになる!って伝えてしまうのも手です。無意識にネガティブになったときに、一番に気づいてくれるのは周りの人なので。

周りにポジティブに考えるような集団がいれば、迷わずそこに飛び込んじゃいましょう。不思議とその人たちに感化されて、自然とポジティブシンキングが身についてるでしょう。

俺自身は、ネガティブであったことにここまでマイナスポイントがあったとは知らなかったので、この事実を知ってからすぐにネガティブをやめました。今では自他ともに認めるポジティブ人間です。

人それぞれ変化できるスピードは違うので、まずは自分のできる範囲から変わっていきましょう!