仕事選びの鉄則! 好きなことを仕事にするのは絶対に辞めるべき3つの理由

みなさんこんにちは。yuyaです。
皆さんは一度くらい思ったことないですか?
「好きなことを仕事にできたら幸せだろうな」って。
今日は、その幻想をぶっこわしてやろうと思います。

仕事の目的はお金を稼ぐこと

まず、「好きなことを仕事にできたらいい」って考えてる人の大半はこの原則を忘れています。

仕事を通じてお客様を幸せにするのが喜びだ!

とか、

仕事をして自己成長して、会社の役に立ちたい!

って思ってる人は相当マインドコントロール受けちゃってますね。
だからこそどうせ仕事するなら、「好きなことをしてそれが世のため人のためになったらいい」
そう考えちゃうんです。
これについては「新社会人に贈る! 自分の未来は先輩を見るべし。」でも語ってます。

プロ野球のヤクルトで活躍された、宮本慎也さんが引退されるときにこんなことを語っていました。

「野球を楽しいと感じたことはプロに入ってから一度もない」と。

仕事を好きで楽しむ人と、仕事で成功を掴む人との違いがここにあります。
選んだ仕事がたまたま自分の好きなことだった、やってるうちに好きなことになった
なら何の問題もありません。

プレッシャーを感じながら好きなことやって何が楽しいの?

次はこれです。
例えば、俺は死ぬほど野球観戦やスキーが大好きです。
俺の場合だったらスポーツライターとか、スキーインストラクターになりますね。
でも、それをもしも仕事にできても何が楽しいのかわかりません。

まず、仕事にするという時点で「必要とされる」必要があります
求められないとダメなんです。失敗なんてもっての他です。
もし部下がミスを犯すと、責任も発生します。

俺が野球観戦するときは、ビール飲んでグチ言いながら、贔屓のチームに一喜一憂して本気で応援しちゃいます。笑
仕事じゃないからこそ、楽しめるし、本当の趣味になるんですよ
なのにせっかくの趣味を仕事にしてプレッシャーに打ちのめされながらやっても何も楽しくない。

あ、何やってもプレッシャーも感じないし、責任感もないですーっていう能天気な方はそのままでいいと思います。というかそんな方は自分で起こしたことに対して、人のせいにすぐできる人だと思うので、個人的に関わりたくないですが。笑

これまでの教育環境

最後はこれです。
日本の教育環境ってかなり問題ありなんですが、一番は「お金や仕事についてノータッチ」なところです。

親や先生に、「○○くんは将来何になりたいの?」と夢について聞かれたことありませんか?
決して「どんなことが将来したいの?」とは聞かれません。
後者はアメリカとかで学校でよくされる質問です。
違いが判りますかね?日本は仕事に焦点を合わせ、アメリカは仕事を通じて何をするかに焦点を合わせています。
仕事という手段を通じて幸せを実現するのが目的なのに、知らず知らずのうちに仕事をすることが楽しいとか幸せだと勘違いしてませんか?

俺も昔、プロ野球選手とか新聞記者という夢を描いていました。
が、それは野球が好きだとか、社会貢献をしてる自分を想像して酔っていただけです。笑
社会人になったばかりのころは住宅関係の営業をしていましたが、そこでは自分の夢を描けないと分かって、経理スキルを学んで今の会社に転職しました。
ちなみに、経理の仕事が自分に向いてると思ったことはありますが、好きだと思ったことは一度もありません。

 

あなたは将来、どんなことがしたいですか?

それには、どんな仕事をする必要がありますか?

一歩、踏み出してみましょう!

 ダイエットや体形維持のために必要な2つのポイント

こんばんは、経理ブロガーのyuyaです。
最近ブログを書く上でいろいろな知識を求めようと情報を集めていて、たまたまダイエットについての情報を知ることができたのですが、

実は俺は身長に177cmあるのに対して、体重が60キロを切っており、ダイエットに関しては全く興味がないです。(ダイエット頑張っている方に対して失礼かもですがご容赦ください笑)

ですが、そこで知った2つのポイントが、普段から意識せずとも行っていたことなので、
「これは効果があることを俺自身が立証しているに違いない!」と確信しました。
なので、それを今日は皆様にもお伝えしようと思います。
自分が興味のないテーマについて書くことも、見識が広がることにつながりますしね。

代謝(基礎体温)をあげる

皆さんは自分の普段の平熱がどれくらいかご存知ですか?
普通は36度後半くらいが標準の平熱と言われているのですが、
最近は低体温の人がとても多くなっているようで、俺の周りにも35度台の人がいました。

では、低体温の何がまずいのか。
人間は、体に入れた糖を燃やしてエネルギーに分解し、それを活動元としています。
物を食べないと動く気にならない、腹が減っては戦ができぬ、と言いますが、それは人間が生きていく上で当たり前のことだったんですね。
しかし低体温、つまり代謝が低い人は、糖をエネルギーに変える効率が非常に悪くなってしまうのです

つまり、体内で分解されるべき糖が分解されずに体内で蓄積され、使えるエネルギーも減り、活動量が減ってさらに代謝が落ちる、というデススパイラルに陥ります!
俺のように大の甘党で、よく甘いものを食べているのに全く太らないという人は、確実に代謝がいいのです。

では、代謝を上げるにはどうすればいいのか?
これはズバリ、水をたくさん飲むことです!
水を飲むことで、体内の血の巡りがよくなり、代謝がよくなります。
水を飲むというのは、実は他にもいろいろな効果があって、

肌がみずみずしい質感になったり
血液がサラサラになったり、
便秘の予防になったり

といいことがたくさんあります。
人間は体の6割が水分でできているので、この循環を使い古しの汚いドロドロの水で行うのと、頻繁に入れ替えを行ってきれいな水を使うのとでは大分差がでるんですね。

食事で食べ物に水分が含まれているから大丈夫! とか思っているアナタ!
水は、できれば直接水のままで体内に入れてあげるのがベストです。
お茶とかジュースよりも、浄水器の水なんかだといいですね。
お茶の葉に含まれるカテキンなども体にいいのですが、体に入って水に分解するのに一手間かかってしまうので、ただの水を飲むのが一番効果があります。

ちなみに俺は、水を1日2リットル飲むことを日課にしてます。
モデルさんなんかは5リットルくらい飲むらしいですが・・・

1日ちょっとの運動or湯船に浸かる

二つ目は運動!
どんな運動でも構わないので、毎日継続してできるものをやりましょう
仕事があって運動なんて・・・というアナタ。
そんな人には湯船に浸かることをオススメします。
1人暮らしなんてしていると、光熱費のことを考えてシャワーだけで済ます人も多いですが、自分の体への投資だと思ってみましょう。
ちなみに湯船に寝るちょっと前に浸かると、安定した眠りにつけるといわれてます。

なんで運動がいいかというと、これは汗をかくからです
汗をかく、ということは体内の温度調整という意味ももちろんありますが、不純物を排出しているという機能も兼ね備えています。
だから、脂肪を燃やそうと激しい運動をするのではなく、じんわりと継続してする運動がいいといわれるんですね。
湯船に浸かるというのはその理由からです。
お風呂に入りながら先ほどの水を飲むってのをやれば効果バツグンでしょうね!

ちなみに俺は、昔からずっと運動部にいたこともあり、体を動かすことが大好きです。
会社まで30分自転車をぶっとばしているので、今の時期になっても汗たくさんかいてます。
あ、臭い対策はしっかりやりましょうね笑

まとめ

以上2点、「代謝を上げる」「適度な運動」が大事ということです。
具体策としては水をたくさん飲み、お風呂に欠かさず入ればいい。
簡単に見えますが、ちゃんとこれを継続し続ける人がどれだけ少ないか。
最初はちょっと苦痛かもしれませんが、慣れると意識しなくても継続してできるようになるものです。
もし実践された人がいたら、また結果教えてくださいね。

まだ年金をあてにしてるの? ~年金をぶったぎるの巻~

みなさんこんばんは。
経理ブロガーのyuyaです。
今日は社会人ならだれもが関わっている「年金」についてちょっと語ろうかな、と。

そもそも年金ってなんだ?

簡単に言ってしまえば高齢者の方が定年を迎えたあとでも、不自由なく生きていくために若者が生活を金銭的に支えるシステムですね。
サラリーマンや派遣で仕事すると、厚生年金って控除で引かれてる分ありますよね。
あれは、企業とあなたが国に年金を納めるのを折半して、それが今の高齢者の支給に使われているというわけです。
でも、今その年金が危うい!と叫ばれることが多くなってきましたね。
それはなぜなのか?

年金問題が叫ばれるのはなぜ?

これはずばり、「少子高齢化」です。
昔の時代ならば、若者が多く高齢者が少なかったので控除が少なく支給が多かったのですが、
今の時代4人に1人は65歳以上、今後は3人に1人になるといわれています。
今ですら年金支給額は14万だとか。
14万じゃ1人でなんとか生きていけるかどうかのレベルじゃないでしょうか。
このまま少子高齢化が進めば、この額が下がる可能性のほうが高いですよね。

さらに、政府もこのままいくと年金が枯渇するのが見えているので、今定年を引き延ばす政策を進めようとしています。
いったい何歳まで働くと思いますか?
俺が聞いた話だと、なんと75歳まで伸びるといわれています
75歳とか、男性は平均寿命にほとんど近いレベルですよね。笑
いくら若いころから年金を積み立てても、定年が伸びて受給期間が短くなれば損をする人が大勢出てくるのは間違いないです。

こうした状況から日本の年金問題が叫ばれているわけです。

んじゃどうすりゃいいの?

年金に頼るな!

これに尽きると思います。
国もバカじゃないんで、これから必ず対策を打ってきます。
でもさっき述べたように、過去と同じように見返りのある年金システムではもう運用できないのが目に見えています。
GPIF、年金積立独立行政法人という年金を運用する機関があるのですが、ここには今135兆の積み立てがあるらしい。
これだけ聞くと、ちょっとは安心するかもですが、なんとこの機関、1年間で5兆の赤字を出したこともあります。

正直言って、俺らの老後に年金がちゃんとあるかどうか、明言はできません。
でも、年金に頼った生活を強いられるのは御免だな、って感じですね。
今のうちに自分の力で収入源を確保しときましょうよ。
それで老後年金が残ってたらラッキーですし、なくなってたらああやっぱりな、ぐらいの感じでいいと思います。

やらなきゃ損!? 月ワンコインで3800円分のブログ作成のコツが学べる方法

みなさんこんにちは。
経理ブロガーのyuyaです。
ブログを本格的に立ち上げて、本業の経理の仕事もしながら徐々にコンテンツも増やしていっています。
まだまだ読んでいらっしゃる人は少ないと思いますが、継続してやっていきますよ。

今日は俺がブログを書いていくうえで非常に参考にしている方を紹介したいなぁと。
ブログをはじめられて1年足らずで成功を収め、最も無名なプロブロガーとして活動されている、やまもとりゅうけんさんです。

やまもとりゅうけんって誰やねん?

詳しいプロフィールはこちらから。

やまもとりゅうけんのプロフィール

これはブログのプロフィールなので、そこに書かれている記事を見たらわかると思いますが、
すごくはっきりと物を言う人です。
いいものはいい、悪いものは悪い。
なので、読んでいてもすごく気分がいいんですよね。

一つ補足しておくと、やまもとさんはこういった書き方、表現をされていますが
実際はこんな怖い方ではありません。笑
俺は大学がやまもとさんと同じで、プレゼンを一緒にしたこともあるので知っていますが、
物腰やわらかく、だけど自分自身をしっかりと持っておられて、どうすれば聞き手を惹きつけることができるか論理的に考える人でした。

そして、やまもとさんは言っていることが本質を突いています

相手のエネルギーを根こそぎ奪ってしまう悪魔のフレーズ

ポジティブに考えることの大切さを本質を突いて上手に述べておられますね。

ワンコインのブログ論ってなんぞや?

そんなやまもとさんが最近始められたのが、ブログ論マガジン。
ブログやツイッターの表面的には語っていない、ブログを構築して稼いでいくために本当に必要なことを本質を突いて述べておられます。
コンテンツごとに購読料がかかるのですが、月500円定額で払うことで
「いつでも」「何度でも」「全ての」コンテンツを読むことができます。

俺は本来ケチ臭く、必要ないものにお金を費やすことがだいっきらいです。
なので、ひとまず登録して大方読んで、ブログと大差なければすぐやめてやろうと思ってました。笑

でも実際読んでみて分かったことは、

・ブログでは語られていない、ブログで稼ぐための本質が語られている
・ブログでなぜここでこういう表現をしたのか?
・どういった層をターゲットにしたのか?

ということでした。
普段、ブログを見ていても、ブロガーの方がどういう意図でその文章を書いているか俺はよくわかっていなかったのですが、ワンコインの投資をすることで書く人の立場に立って物を考えることを学べました。

このコンテンツが月額500円で読めるってのは相当破格だと思います。
だって一つのコンテンツがすでに500円以上の価値がありますもん。笑
現状3800円分のコンテンツがありますが、これからも増えていくでしょうしやらなきゃ損ですよね。
(2016年11/16時点)

やまもとさんのブログ論はこちらから。

りゅうけんの「稼ぐことしか考えないブログ論」

こんな人におすすめ

・ブログをはじめたけど、なにをどうすればいいのかよくわからない
・ブログの稼ぎ方がわからない
・何をするにもまず収益があげたい!というゲンキンな方

一番上はまさに俺のことです。笑
俺がブログを本格的に始めようと思ったきっかけをくれたのがやまもとさんでした。
知識も経験もさっぱりなかった最初のころは、「ブログなんか興味ねぇわ」と思ってましたが、
こうして個人が発信できるメディアを持つことが大切だとわかった今は、きっかけをもらえてよかったと思ってます。

俺も始めたばかりでまだまだですが、一緒に学んでいきましょう!

大谷翔平と自分を比べて分かった、成功に必要不可欠な要素

どうも、経理ブロガーのyuyaです。
野球のシーズンが終わってしまいましたね。
なんといっても今年は広島、日ハムの優勝と、黒田と大谷の活躍が印象に残ってます。

その大谷くんですが・・
野球選手としてだけでなく、スポーツ選手としてもすごいレベルに到達してきましたね!
投打の二刀流というだけでもすごいのに、投げては165キロ、打っては打率3割20ホーマー。
野球界を見渡しても、前例のない選手になってきました。笑

ここで俺は思いました。
大谷翔平22歳 推定年棒2億円
俺よりも年下で、つい少し前まで高校生だった彼が、なんで俺の推定生涯年棒をたった1年で稼いでいるのだろうかと。
そりゃ野球の能力や体格など、努力や才能の部分で差はあっても、同じ人間で同年代に近い彼がここまで成功できたのはなぜなのか。
恐れ多くも自分と比較することで見えてきたものがありました。

 

1.目標達成シート 72個の成功へのプロセス

大谷君は、岩手の花巻東高校1年生の時、自分の夢をかなえるための目標を8つ設定し、さらにその8つの目標を達成するために必要な要素を選定したらしいです。

その表がこちら。

ootani

真ん中の正方形の中央に最終目標、それを囲む8つの目標、そして外側の正方形の中央にその目標を入れ、それを達成するのに必要な要素がそれを囲んでいます。
こうしてみると、

・自分が夢を実現させるために何をしなければならないのか

これがすごくわかりやすいですよね。
達成できた要素を塗りつぶしなどして分かりやすくしたり、期限を決めて達成を目指すと尚いいかもしれません。

一方の俺は、「成功したい!」と願いはすれど、いま何をしたらいいかわからず、結局「明日から本気出す」とか言って楽なほうや遊びに逃げてしまっていました。
これじゃ結果が出るはずがないですよね。

単に夢だけ掲げて結果が付いてこない、と嘆く人には、具体的なプランを立てている人が少ないように思います。

2.自分の夢を叶えてくれる人の助言を素直に聞く

大谷くんは高校卒業後、最初はメジャー挑戦を志望していました。
彼の希望として、「誰も歩いていない道を切り開いて、パイオニアになりたい」という気持ちが強かったようですね。

しかし2012年のドラフト会議で、メジャー挑戦を表明していた大谷くんを日本ハムが指名に踏み切りました。
文化や言語の高いハードルはあるものの、メジャーで長くプレーしたい気持ちは指名後も変わらず、当初は指名拒否が既定路線だったようです。

それでも日本ハム側の高校生からメジャーにすぐ行くことのリスクの高さ、メジャーで活躍することの近道が日本ハムで成長してからメジャー移籍をすること、日本ハムからメジャー移籍をした前例(ダルビッシュ投手)などの交渉や、栗山監督の「一緒に大谷の道をつくろう」という熱意もあり、日本ハムで二刀流の道を切り開いてメジャーを目指す道を選択しました。

結果論ですが、すぐにメジャーに行っていたらここまでの成功はなかったと思います。
なぜなら大谷くんにとって日本ハムは「一緒に夢を叶えてくれる存在」だったからです。

入団して二刀流をするとわかったとき、数多くのプロ野球OBや解説者が二刀流をする大谷くんや、日本ハムを批判しました。

「過去やったこともない二刀流は危険だ」
「投手に専念すればもっとすごいピッチャーになれる」

でも結局その人たちは現代に野球でプレーしている人じゃないですし、大谷くんの体の専門家でもありません。
できるかできないかなんてやってみないとわからないじゃないですか。
それだったら、夢を応援してくれたり、既に叶えている人のアドバイスに耳を傾けたからこそ、大谷くんは前例のない二刀流として今大活躍できているのです。

一方の俺は、何かそういうチャンスがあっても、
「俺にはできないんじゃないか」
「職場の先輩に相談したら辞めとけっていうし・・」

こんな調子でした。笑
職場の先輩が夢を叶えている存在でしたか?
いえ、全くそんなことはなかったです笑

3.まとめ

俺は野球が大好きなので、大谷くんの活躍がとてもうれしいです。
彼のように自分の体で夢を与え、自分自身の夢を叶えて進化していくことはできない。
でも、彼の夢や成功に対する姿勢は学ぶことができますよね。
目標達成を定めること正しい人からの助言を素直に聞くこと
少しでも何かを大谷くんやこの記事から感じ取ってもらえれば幸いです。

ここまで読んでくださってありがとうございました!